2011年10月22日

嫌味なんてなんのその

昨日、センターに行ったら、

ちょうど飼育放棄の現場に合いました。




職員達が色々と話をして

説得をしていましたが、

放棄する夫婦の気持ちは変わらず、

犬を置いていきました。




職員が説得しても聞かないのに、

私が言っても聞く訳ないから、

せめて・・と思い、

私は隣で放棄人に聞こえるように

嫌味を話しはじめました。



★★★★★★★★★★★

夫婦で犬を捨てに来ても、

「殺処分になりますよ」

って実際に聞いたら、普通は

「可哀想、やっぱりやめよう」

って思うよね。




それを夫婦2人揃って、

そんな話しを聞いても、

気持ちは全然変わらずに、

「いいです、仕方ない」

って置いていくのって、

なんなんだろうね?

おかしいよね?




どっちか片方だけでも、

「やっぱりやめようよ!」

ってなると思うんだけど、

そんなのも全然ないなんておかしいよね。




と話し、




そして、うちの娘に、

「そんな大人になっちゃダメだよ」

と言いました。

★★★★★★★★★★★



この嫌味を言った後に、

職員が、放棄人から犬を預かったのですが、

犬は、職員と歩くのを嫌がり、

放棄人の所に戻りたがりました。



すると、




「へへへ」

とニヤニヤと放棄人は笑い、

「早くそっちに付いて行け」

とでもするように、

手で、パッパと払うような合図をしました。





人には色々と【都合】という物があり、

まぁ100歩譲って、飼えなかったとしても、

これから殺される予定の命に対して、

なんという酷い扱いが出来るのだろうか。

と、怒りがこみ上げてきました。





私が聞こえるように言った嫌味も、

全く効果ありません。




この犬は、一人暮らしの

お父さんが飼っていた犬だそうですが、

お父さんが亡くなられたそうです。




そして、息子・娘が飼育を引き継がずに

放棄した。という訳です。




だいたい、犬がどうのこうの・・・

という前に、お父さんと息子(娘)の関係が

問題ありだったのだと思います。





だって、お父さんとの関係がうまく行っていたら、

お父さんの大事にしていた犬は、

形見同然ですよ。

殺そうなんて思わないでしょう。




最近、この放棄のパターンが大変多いのです。




家族の関係はどうなっているのか?

と、とても疑問に思います。





お父さんを大事にしないような人が、

家族から大事にされるとは思えません。




飼育放棄した人は、自分が高齢になった時、

家族から見放されるでしょう。


posted by ココニャンママ at 06:16| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。