2011年03月12日

久美子ちゃん、下半身不随でも良いご縁がありますように





★★新しい飼い主様が見つかりました★★

★★良かったね〜、おめでとう★★

★★ご協力本当にありがとうございました★★

★★(3月28日、追記)★★






『新しい飼い主さん募集中!』

交通事故で下半身不随の猫が

収容されました。

新しい飼い主さんを探しています。

お問い合わせは→こちら


kumiko.JPG


キジトラのメスです。

間違い!オスでした!

性格は温厚。良い子です。

とてもキレイで品のあるお顔。

毛が長くフワフワです。




でも、収容された時は、

泥だらけで汚かったそうです。


センターの職員が洗ってくれました。



穏やかな良い子なので、

どなたかの目にとまりますように。




↓3月19日追記↓

ごく最近の交通事故で

下半身麻痺になったと

思っていたのですが、

どうやら違うようです。

推定1歳くらいの久美子ですが、

もっと小さい、子猫だった時に、

背中を何かで刺されたか、

動物(猫やカラスなど)に

噛まれたか・・分かりませんが、

鋭利な物で怪我して、

神経を損傷していました。



かなり長い事、前足だけで、

はって移動していたようです。



膀胱が麻痺して血尿が酷かったので、

現在、管を通して

オシッコを出すようにしています。



管を抜いて、人間の手による

圧迫排尿などで

スムーズに出るようになるかは、

もう少し経たないと分からないようです。



人馴れしていますので、

人間に飼われた経験がある事は確かです。

収容された時には、

すごく汚れていたようなので、

おそらく捨てられて、

外でしばらく生きてきたのだと思います。



下半身が不自由な体で、

外でどうやって生き延びたのか。



生きるのは簡単な事では無かったでしょう。

頑張って生き延びた

久美子のこれからを助けてくださる方、

いらっしゃいませんか?



(↓3月25日以下追記↓)

kumiko3.JPG

どこを触られてもニコニコ♪

ゴロゴロ♪ご機嫌です♪

kumiko2.JPG

長い間、這って暮らしていたので、

睾丸がこんな事に

なってしまいました。

ここを治さないとね!

kumiko1.JPG

嬉しい事に圧迫排尿が出来ます!

ご検討よろしくお願い致します。




posted by ココニャンママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。